ワーキングスタディ

インターンとして働きながらダイビングインストラクター資格取得を目指す

資格取得講習費は当社が全額負担
マレアダイビングカレッジではダイビングの仕事をしながらインストラクターの資格が取れる「ワーキングスタディ」2020年度4月生・10月生を募集中です。実際の現場で働きながら勉強することで、インストラクター資格取得後も即戦力として働くことができます。

ワーキングスタディとは

ワーキングスタディとはダイビング業務を経験しながら、ダイビングインストラクターの資格を取得できる制度のことです。マレアダイビングカレッジのワーキングスタディは、インターンとしてマレア宮古島で働きながらダイビング資格取得講習を受けて頂きます。通常、初心者からインストラクターまで約150万円の講習費用がかかるところ、当社が全額負担(※)致します。知識や技術・経験の向上はもちろん、ダイビングで働くためのノウハウを学べますのでインストラター資格取得後もプロのインストラクターとして即戦力で働くことができます。また、講習で必要なダイビング機材は社販価格で購入できます。
※ただし途中で辞退、除籍になった場合には、その費用をご自身でご負担いただきます。
講習費は当社が全額負担
インターンとして働きながら資格取得講習を受けられるます。講習費(約150万円)は当社が全額負担(※)致します。
※ただし途中で辞退、除籍になった場合には、その費用をご自身でご負担いただきます。
器材割引
講習で必要なダイビング機材は社販価格で購入できます。
ダイビング業務
接客をはじめ、器材準備、講習、ガイドなどダイビングに関わる全ての業務を学びます。
運営研修
マレアダイビングカレッジのダイビングスクール運営業務に携わります。

講師紹介

マレアダイビングカレッジはPADIより認定されているダイビングスクールです。PADIコースディレクターが6名、PADIフリーダイバー・インストラクター1名在籍し、それぞれがPADIより高い評価を受けています。確かな実力と実績に裏打ちされたプロフェッショナルが、あなたを着実にプロへと導きます。

マレアダイビングカレッジの特徴

マレアダイビングカレッジは充実したダイビング専用施設とトップレベルの講師陣の指導で、日本国内1位のインストラクター養成実績を誇ります。

講習クオリティと実績は国内トップ

ダイビングインストラクターの養成10年以上、これまでに2,000名以上のインストラクターを輩出。各分野で業界トップの実績です。マレアは信頼のPADI 5スター取得スクールというだけでなく、インストラクターとしてさらに一歩進んだ技術を指導出来るキャリアディベロップメントセンターとしてPADIから認められています。他スクールにはない深いプロの能力を共に身につけましょう。

実践的なマネージメントプログラム

ダイビングインストラクターではなく、ダイビングの指導者・リーダーを養成するプログラム。マレア宮古島では年間を通じで、多くのお客様をお迎えしています。その中で、ゲストサービスの在り方、安全なダイビング、満足度を上げるサービスをスタッフ、リーダーの視点から学びます。

就職率95% 充実の就職サポート

全国に拠点を待つマレアならでは就職ネットワークを活用したきめの細かい就職活動をサポートします。また、様々な職種へのアプローチとして母体でもある三幸学園のネットワークを活用して就職活動を支援します。

マレア宮古島で働くこと

インターンとして働くマレア宮古島はファンダイビングから、Cカード取得までダイバー向けに作られた総合リゾート施設です。アシスタント業務や、接客、ダイビングのインストラクション、事務仕事など、ダイビングインストラクターの仕事をみっちり学ぶ事と同時にダイビングの楽しさを伝えるインストラクターになってもらうことを目的としています。

ダイビング業務のノウハウを学ぶ

初心者の講習から、プロレベルの講習、ファンダイビングのガイド、物販など、ダイビング業務全てのノウハウを学ぶことが出来ます。またマレアでは長く働けるインストラクターの育成と、長く働ける環境づくりを整えています。

経験豊富なスタッフたち

若手から中堅、そして経験豊富なベテランのスタッフが在籍していますので、幅広い知識や技術を得ることが出来ます。スタッフ同士も仲が良く、コミュニケーション能力や人間関係の構築を学ぶにも最適な環境です。

ダイビングの楽しさを伝える

ダイビングインストラクター資格取得を目指すと共に、ダイビングの楽しさを伝えるインストラクターになってもらうことを目的としています。

1日の流れ

※1日の実質労働時間 : 約5時間(7:00~17:00内)

7:00

  • 出勤
    通常は7:00に出勤し器材倉庫の施錠解除や車カギを各車両にさす。
  • 当日準備
    当日使用する器材の最終チェックをし使用する車に担当スタッフと器材やお弁当、お茶の積込を行います。
  • 翌日準備
    翌日使用するレンタル器材のサイズが既に分かっている物があれば朝のうちに準備しておきます。
  • 片付け・掃除
    前日に干していた器材で乾いているものがあれば倉庫にしまいます。お客様に気持ちよく過ごしてもらえるよう施設に落葉やゴミがないようにこまめにに掃除をしましょう。

7:50

  • 朝礼
    1日のメニューの流れやお客様の送迎時間の確認など1日の目標と安全対策を全員で確認します。

8:00

  • 資格取得講習
    その日の担当インストラクターと一緒に行動し、ダイビングの初心者資格からプロ資格まで、丁寧に指導いたします。
  • インターンシップ
    座学やプール・海でお客様に指導を行うためのノウハウや接客対応を先輩に付きながら学びます。講習や経験ダイブはビーチやボートで行います。
  • ダイビング用エアー充填
    タンクは自社専用のタンクなので、1日の終わりには再充填を行います。
  • 片付け・洗車
    その日使ったレンタル器材や自分の器材は綺麗に洗って干します。乾いた器材は倉庫にしまい、車もサビや砂などが付きやすいのでメニュー後には洗車を行います。
  • 送迎
    お客様の空港送迎や、市内ホテルへの送迎を行います。お迎えはお店の顔になるので、笑顔で安全運転で行きましょう。
  • 翌日準備
    朝の時点で準備が終わらなかったものなどは夕方続きを行います。当日の朝になってバタバタしない為にもしっかり準備しましょう。

17:00

  • 1日の振返りと翌日の確認
    1日の振返りをその日担当のインストラクターからアドバイスを貰ってください。わからなかった事はなんでも相談してください。また翌日の担当者とも打ち合わせを行います。

以降

  • プライベート時間
    基本的には過ごし方は自由ですが、課題や復習がある時は早めに行いましょう。毎日の積み重ねが、インストラクター試験の対策にもなります。

年間スケジュール

1ヶ月目

  • PADI オープンウォーターダイバー
    ダイビングの基礎をしっかり学びダイビングの知識と技術を習得する。
  • PADI アドバンスドオープンウォーターダイバー
    ダイビングの経験とスキルを身に付ける。コンパスを使った位置確認、ボートの使用方法、水深18m以上の水中体験など体験します。
  • 経験ダイブ
    ボートダイブ・サンゴ礁ダイブ・洞窟ダイブなど様々な環境下で ダイビング経験を積みます。

2ヶ月目

  • エマージェンシーファーストレスポンス
    心肺蘇生法、応急処置、ケガの評価、包帯の使用法など緊急時における陸上の対処法を身に付けます。
  • PADI レスキューダイバー
    緊急時の応急処置法、負傷したダイバーの救助・救命法、トラブル予防法等ダイビング中のトラブルの予防と対処法を身に付けます。

3ヶ月目

  • PADI ダイブマスター
    ダイビングの物理、生理、器材、環境、理論、など知識も身に付け、基 本的な24スキルをお客様にデモンストレーション出来るように練習を行 い、経験ダイブも積みます。

4ヶ月目

  • PADI ダイブマスター
    ダイビング活動の編成や監督について学び、水中地図を作成しガイドを する為の水中生物の情報を集めたりガイドルートを計画しフロートの セッティングなど行いながら、経験ダイブも積みます。

5ヶ月目

  • PADI ダイブマスター
    インストラクターのアシスタント業務を身に付け、現場の安全管理を身 に付けながら、水中ガイドを行う際のブリーフィングの練習も行い経験 ダイブも積みます。

6ヶ月目

  • アシスタント経験
    水中ツアーガイドのアシスタントにチャレンジしたり、インストラクターが開催する講習のアシスタントに付き実施方法を学習します。

7ヶ月目

  • インストラクター開発コース
    講習時の知識の分かりやすい伝え方やプール・海洋時の実施方法やトラブル管理を身に付け、インストラクター試験の準備を行います。
  • インストラクター試験
    全プログラムを修了すると、インストラクター試験を受ける準備が整います。試験を全てクリアするとPADIインストラクターとして認定されます。

ワーキングスタディ募集概要


募集人数
4月生:6名 10月生:6名
期間
OWD(AOW)から7ヵ月+2ヶ月研修期間
取得可能資格
OWD/AOW/EFR/RED/DM/EFRI/OWSI
応募資格
・18歳以上35歳未満で健康な方
・9カ月の在籍を順守できる方
・会社の就業規則に従える方
・普通自動車運転免許免許
・潜水士資格
※ 労働安全衛生法に規定された国家資格(免許)
※ 筆記試験のみで比較的簡単に取得可能
※ 試験は、1月、4月、7月、10月に開催されており、事前またはワーキングスタディ期間中に取得する
講習費用
OWD/AOW/EFR/RED/DM/EFRI/OWSI全てのコース代(講習費)、経験に必要なダイビング代(最低300本)を当社が立て替え負担。(コースに必要な教材代、申請代はご自身でご負担いただきます。)
コース(7ヵ月+2ヵ月研修期間)を満了することで免除。
※ただし、コース(7ヵ月+2ヵ月研修期間)途中で辞退、除籍になった場合には、その金額を速やかに返還していただきます。
勤務地
マレア宮古島
沖縄県宮古島市下地字 与那覇847-3
業務手当
時給:1,000円
寮費・水光熱費・
食事代(朝食、昼食、夕食)
50,000円(上記業務手当から徴収いたします)
休日
月8日(不定休)
器材
社販価格で購入できます
福利厚生
・雇用保険
応募選考方法
下記、専用フォームから応募。書類選考後、後日面接のご連絡を致します。