TOP
 > ダイビングカレッジ宮古島について

ダイビングカレッジ宮古島について

マレアダイビングカレッッジ宮古島

マレアダイビングカレッジでは“全くの初心者の方がインストラクターになるためのコース”から、“既にダイブマスターを取得している方がインストラクター試験を受験するためのコース”など様々なコースが用意されているので、あなたにぴったりのコースがきっと見つかります。

マレアダイビングカレッジ宮古島とは?選ばれる5つの理由

1.業界ダントツのインストラクター養成実績

毎年、マレア宮古島では何十人ものインストラクターが多く誕生しています。マレア宮古島のみでのインストラクター養成実績800名以上!この実績がマレアの信頼の明かしです。
現在、世界中で働くダイビングインストラクターにはインストラクション以外にも多くの知識と技術が求められています。マレアダイビングカレッジでは、ダイビング産業を支えるインストラクターを養成しています。

PADIは世界中にあるダイビング指導団体の中で最も優れたインストラクションシステムをもっており、世界シェアもNo.1です。海外リゾートのダイビングショップでは、PADIインストラクターのみを募集している地域も存在します。マレアダイビングカレッジではこのニーズを満たす充実した教育内容とダイバーには使いやすい施設があります。

経験豊かなスタッフも多く在籍しており、PADI最高峰ランクのインストラクターであるコースディレクターも常駐しています。コースディレクターはインストラクター開発コースを開催でき、その他にもスペシャルティーインストラクターコース15種開催できます。 インストラクターになってからのステップアップも可能です。コースディレクターが身近にいることはとても心強いことです。

2.追加料金なしで無制限ダイブ可能

ダイビングインストラクターには技術と経験、豊富な知識が必要です。特に経験本数によって上達が変わってきます。ダイビングで潜るポイントも経験本数や資格によって変わります。
上達するには潜るのが一番ということでマレアダイビングカレッジは、追加料金なしで無制限ダイビングを可能しました。
ショップからダイビングスポットまでが近く自社にタンク充填施設があるので、カレッジ生は昼間のダイビングからナイトダイビングまで無制限ダイビングができます。
卒業時の経験本数は、初心者の方が短期コースで1ケ月の滞在でも、受講中のダイビング本数はプロ認定に必要な60本が可能です。半年まるごとインストラクターコースの場合は300本以上が可能です。

3.自主学習ルームとダイビング専用プール完備

マレアダイビングカレッジでは各部屋にも自習、予習ができる学習机が完備されています。さらに、ダイビングインストラクター試験前に集中して勉強したいときなどのために、レクチャールームも完備しております。
また、通常は台風や悪天候のときはダイビング自体がお休みになりますが、マレアには施設内に大型ダイビングプールも完備しております。ご希望によってインストラクターとともにプールで技術の練習も可能です。
濡れた器材を干すのも通常は場所が無く、そのままということがありますがマレアの施設内には一気に200着干せる器材干し場があります。器材も毎日洗えて長持ちします。

4.3食付きで1ケ月滞在費60,000円

宿泊滞在でもっとも気になるのが食事です。滞在期間が1ケ月や、長い方だと半年になります。外での食事はお金がかかり、自炊も疲れて帰ってきてからではやる気がでません。栄養バランスのかたよりも心配です。滞在中はダイビングに集中できる環境が必要です。
マレアダイビングカレッジでは滞在中の食事は地元料理人が栄養バランスも考慮し、ダイバーに向けての食事も万全です。滞在費は3食付、宿泊費込みで1か月¥65,000円で長期滞在が可能です。宿泊はマリンロッジマレア内になります。宿泊施設内には大浴場もありダイビングで疲れた体をゆっくりリラックスさせることができます。

マレアの目の前には、東洋一のビーチ「前浜ビーチ」が広がり、リゾート気分を味わいながら長期滞在が可能ですダイビングだけでなく、沖縄というリゾートを満喫しながらの滞在が可能です。

5.南国のリゾートでインストラクターを目指す

マレアダイビングカレッジ宮古島では、ダイビングインストラクターとして働きたい方はもちろんですが、将来的にリゾートで働きたい方、スキルアップしてダイビングが上手くなりたい方、南国生活を味わってみたい方にもおすすめいたします。
ダイビングのポイントも、ビーチダイビングから、有名な地形ポイントまで数多くあります。宮古島でぜひダイビングを楽しみながらステップアップしましょう!

南国のリゾートでダイビングやダイビング業務を学ぶことにより、リゾート地でのインストラクターの仕事の様子や、都市型インストラクターとの違い、サービスの違いなどを実際に経験して、体感することができます。

コース案内

半年まるごとインストラクターコース
短期集中プロチャレンジコース
1ケ月インストラクターコース
インターンシップコース
インストラクターコース
スペシャルティ(SP)コース

マレアダイビングカレッジ受講者の声

小池 順子さん

マレアダイビングカレッジに入って良かったことは、やっぱりいろんな人に出会えたことです。
年齢も境遇も違うけど同期も先輩後輩もスタッフさん達もみーんないい人達で 。
そんな人たちと楽しいこともツラいことも一緒に乗り越えられる環境が良かった!
一生ものの友達ができた気がしてます。仲間がアドバイスとか相談に乗ってくれたから困難も乗り越えられたし、1人じゃ絶対無理だったと思います。やっぱりカレッジで出会った人達は私の中で特別な存在で一番は人の温かさを感じられたことが印象的な半年間でした。

本多 真理子さん

4月からの7か月間すごく早く過ぎていきました。同じカレッジ生の講習、ゲストのFUNダイビングや講習、学生の講習など、様々なスタッフの方のアシスタント業務を通してたくさんの勉強をさせてもらいました。インストラクター試験、同じ目標の仲間と夜遅くまで勉強したり、トラブルの練習をプールでしたり、マレアダイビングカレッジでしかできない事もたくさんありました。同期の子とお互いムービーを撮って自分のスキルを磨いたことも。皆で笑って楽しく過ごせ、たくさんの仲間ができました。本当に素敵な7ヶ月間だったと思います。
マレアダイビングカレッジにきて良かったと心から思えます。 スタッフの皆さん、カレッジの仲間に支えてもらいながら充実した7ヶ月間でした。

本多 真理子さん

マレアダイビングカレッジに来ようと思ったキッカケは、就職に悩んでいて、どうせ就職するのなら、自分のやりたい事を仕事にしたいと思いました。 ダイビングは全くした事はなかったけど、海がすごく好きで、海で仕事をしたいと思いネットで調べて、半年間でインストラクターになれるマレアを探しました。新しい事にチャレンジする不安、知らない土地に一人で行く不安はあったけれど、それよりも、写真に写る、宮古島の青い海、青い空に惹かれました、実際、宮古島に来て、毎日が感動と発見の日々でした。
初めて宮古島でボートダイビングをした時にあまりに綺麗だったのと、感動で鳥肌がたったのを覚えてます。

それほど宮古島の海は壮大で感動を与えてくれるモノでした。 ここで知り合った仲間、ダイビングをしていなければ、絶対に出会う事が出来なかった、同じ目標や夢を持った仲間、そして、色々な年代のお客様、接しているだけで楽しくて色々、勉強になります。お客様から「ありがとう」って言われた時、本当に嬉しいです。この半年で学んだ事はこれから先、絶対に自分の人生の糧になると思います。

卒業後、ダイビングインストラクターとして働いている卒業生の声

松浦 史暁さん (沖縄本島のダイビングショップ勤務)

現在、沖縄本島でインストラクターとして活動して4年目になります。未だに最高に楽しく充実した新鮮な毎日を過ごしています。それはマレアダイビングカレッジの「半年まるごとインストラクターコース」に参加させて頂いたのがきっかけだったのです。何より一番衝撃を受けたのが、お客様と接しているSTAFFの方々の姿です。「カッコイイ!!!」こういう人達みたくなりたいと思いました。ゼロからのスタートで全く何も知らなかった自分はマレアダイビングカレッジに行き、そこから半年間あっという間でした。
働き始めてからも、悩みや相談にものっていただいたりと、しっかりとサポートして頂いています。

井川 唯女さん (マレア石垣島店勤務)

海が大好きだったので、ダイビングインストラクターに興味をもちました!マレアダイビングカレッジのホームページで、
「半年まるごとインストラクターコース」の存在を知りました。
Facebookが毎日UPされていて、その写真を見て「こんな綺麗な海でインストラクターになりたい!」と思い、受講を決めました。体力の無さが凄く不安でしたが、宮古島にいると自然と体力がつきました。 いろいろなお客様と接したり、様々な講習やFUNダイビングのガイドを見せていただいたりして、卒業してからも凄く役立つと思います! 1番の思い出が無いぐらい、全てが思い出です!!

岡田 菜実穂さん

私がダイビングインストラクターになろうと思ったのはカッコいいし、「毎日海に入れて楽しそう」と思ったのがきっかけでした。ダイビングの経験は一度もなかったですが、小さい頃から水泳はやってたので何とかなるだろうと思いました。ケータイやパソコンでダイビングインストラクターを調べたらマレアダイビングカレッジが出てきたので、まずはオープンウォーターの資格を取ろうと思って高校3年生の夏に宮古島に行きました。その時に初めてダイビングをして宮古島の海に感動したのを憶えてます。そして高校を卒業してすぐにマレアダイビングカレッジに入りました。カレッジ生活ではお友達もできて、お客さんとも仲良くなれました。カレッジで一番の思いでは、みんなで焼き肉に行ったことと、カレッジ生だけのファンダイビングです。めっちゃ楽しかったよー☆★

お問合せ電話番号 0980-76-3850 資料請求フォーム

お問合せ資料請求 WEBフォームを開く
お問合せ電話番号
0980-76-3850