アーカイブ

間違いのないダイビングスクール選び

TOP
 > マレアダイビングカレッジについて
 > 間違いのないダイビングスクール選び


ダイビングインストラクターカレッジの5つのポイント

失敗しないスクール選び5つのポイント

「何を基準にダイビングスクールを選べばいいの?」「どこを検討すればいいの?」
そんな疑問にマレアがお答えいたします。

1.「宿泊施設の違い」をチェック!

宿泊滞在の関して、やはり滞在中はできる限りダイビングに集中し、食事の用意はできれば避けて行きたいところです。マレアは食事が地元コックのお手製朝食・昼食・夕食の3食付で栄養バランスも考慮し、ダイバーに向けての食事も万全です。疲れて帰って来ても楽々大きな大浴場で体をリラックスし勉強にも身が入るレクチャー室や、各部屋に自習・予習をバッチリできる学習机も有ります。料金もリーズナブルな価格で、施設も寮とは違いホテル暮らしの安心・安全・快適さ抜群です。

大浴場でリラックス 快適なホテルでの生活 ゆったりレクチャー室
マレア 他ショップ
食事 3食付 3食自炊
料金(1ヶ月滞在費) ¥60,000 ¥100,000前後
施設形態 ホテル スタッフ寮
浴室 大浴場 ユニットバス・シャワーのみ
学習机 自習・予習専用机有り 学習机なし
レクチャー室 大・小それぞれゆったり
スペースのレクチャー室有り
有り

2.「料金設定の違い」をチェック!

マレアは料金を一覧表で見やすく明確に表示しております。別途料金が発生する事無く、安心してコースをスタートできます。別途必要なる物と言えば、現地で申し込むスペシャルティ以外には特にございません。他ショップでは、ホームページ等もよくご覧になってください。料金設定の中に、コース料金のみ??宿泊は??教材は??何てことが後々発覚することも事実です。宿泊費が2週間分のみしか入っておらず、それ以降は別途請求なんて事もありますよ。

料金表をチェック

マレア 料金一覧表にて、全て明確化。宿泊や食事(3食)も明確に分かる。
他ショップ 料金がわかりずらい、宿泊や教材費が後手に回り料金がわからず、講習をスタートすると後々料金の追加が発生。宿泊・食事不明確。

3.「経験できるダイブ本数」をチェック!

経験本数に関してマレアは、カリキュラムが終わっていても認定まで本数が足りないと言うことは多々有ります。そんな中ご安心下さい。認定までの経験本数もコース料金の中には含まれております。所謂無制限ダイブ付きになります。他ショップでは、カリキュラム終了後、別途認定まで必要なダイブを1本○○○○円で消化ダイブを実施する所があります。後々、カリキュラムは修了したけれど別途消化ダイブを現地で清算しなくてはいけない状況も考えられます。

マレア 認定までの経験本数やその他滞在中の経験本数に関しては、全て含まれている為、経験本数無制限。
他ショップ カリキュラム終了後の経験本数が1本○○○○円し、料金が発生してしまうショップもあります。(カリキュラム外のダイブ料金に付き)

4.「カリキュラム内容」をチェック!

業界一のダイビング指導団体だけに、カリキュラム内容も充実し、目指すべき課題が明確にわかります。他団体の場合、現地に行ったけど、とにかく毎日潜って経験すればOKなんて所もあります。スペシャルティの数も豊富で、自分の目的に見合ったスペシャルティが必ず見つかる事は間違いなし。


充実のPADIダイビング教材

また、とにかく楽しくスペシャルティを受講できる所もPADIでしか味わう事ができません。教材に関しても、他団体とは違い、とにかく生徒ダイバーを補助してくれる教材が揃っています。他団体の様に、各コースダイバーマニュアルだけで勉強が実施しにくい所も一切無く、それぞれ疑問点には的確に答えてくれる教材が多数揃っております。

マレア 他ショップ
カリキュラム内容 明確なカリキュラム内容 不明確なカリキュラム内容
スペシャルティの数 16個以上のスペシャルティの数 10個前後の数
教材の数 それぞれのコースに必要な数多くの教材が有る。
補助教材が多く学習し易くなっている。
必要最低限の教材数

5.「就職率の違い」をチェック!

マレアダイビングカレッジでは指導団体をPADIにすることにより、日本全国にあるPADIダイブセンターでの就職が可能になり、PADI本部からの就職相談も受けてもらえる。現状リゾート地でもPADIダイバーになりたい方の需要が多く他団体のショップ様もPADIへ変更されている所も多い。また、カレッジ卒業生が日本各地で活躍しており、世界にも活動の範囲を広げている為、希望の勤務地を数多く選ぶことができ、就職率も他のショップと他の団体に比べて断然就職率が高いです。

PADI 他団体
就職バックアップ PADIからの就職バックアップが受けられる。カレッジ卒業生が日本全国で活躍し情報が入るので就職に繋がりやすい。 インストラクター取得後、卒業生が少なく求人ショップも少ない為、一から就職先を探す事になる。
ダイブセンター数 PADIダイブセンター数が400店舗以上他団体も扱うがPADIメインで行っているショップ500店舗以上。 ダイブセンター数が少ない。日本国内PADI以外の団体が30以上あるが、ほぼ夏だけしか活動していない所あり。
Cカード発行数占有率 日本国内でCカード発行占有率60%仕事が多いので求人率も多い。数多くの教材が有る。補助教材が多く学習し易くなっている。 30団体以上あるが全部足しても占有率40%

就職サポートシステム

TOP
 > マレアダイビングカレッジについて
 > 就職サポートシステム


ダイビング業界に就職するための3つのポイント

インストラクターとして仕事をしたい!数多くの夢を叶えています!

マレアダイビングカレッジは、コースを受講してもらうのが目的ではなく、ダイビングを仕事にしていきたいという方に、本カレッジ修了後、ダイビングの楽しさを伝える優秀なインストラクターとして活躍してもらうことを目指しています。就職サポートが充実しているのは、マレアで育った優秀な人材を多く、ダイビング業界に送りこみたいから。ダイビング業界は、まだまだこれからの業界です。あなたの若い感性をダイビング業界で活かしてみませんか。

マレアが就職に強い理由

1.マレア出身インストラクターが各地で活躍しているから
インストラクター輩出数国内1位(日本の約3分の1)の実績を持つことは、日本で世界で、マレア出身のダイビングインストラクターが活躍しているということです。そのことによって、就職先と太いパイプでつながっており、多くの求人依頼がマレアには寄せられています。卒業生はそのたくさんの求人情報の中から自分に適した就職先を選ぶことができます。

2.マレアの指導力が高い評価を得ているから
多くの求人依頼がアレアに寄せられるのは、マレアのインストラクター教育の内容が高く評価されているからです。専門学校の実習先となり、大阪府立高校のマリン実習先として選ばれたのも一例です。ダイビング教育のプロの中のプロだからインストラクター養成に定評があります。

3.PADIからも認められているから
マレア宮古島は、PADIから認可を得た沖縄県では最初で唯一のPADIキャリアディベロップメントセンター(CDC)です。教育サービス内容と施設、過去の実績と、全ての条件を満たしていないと、キャリアディベロップメントセンター(CDC)の認可を得ることはできません。マレアダイビングカレッジはこのマレア宮古島のプログラムであることによって、就職先からも信頼されています。

PADIは就職に有利!

いくつかあるダイビングライセンスの中でマレアがPADIを選んだのは、世界最大のスクーバ・ダイビング教育機関であり、世界180カ国でPADIのライセンスはそのまま通用するからです。海はつながっています。PADIのライセンスがあれば、基本的に世界のあらゆる地で仕事ができることになります。日本におけるマーケットも70%以上がPADIで、400店舗を越えるダイブセンターを持っています。インストラクターとして仕事をする上で、日本でもPADIライセンス保持者は有利となります。

日本国内で就職先を探すなら!(就職に苦労する人は…)

オーストラリアやハワイなどの海外でもインストラクターコースは開催されています。
海外で一生ダイビングインストラクターとして就職をするなら海外での受講でも問題ありません。しかし国内で今後就職を考えているなら国内で取得することをお勧めします。それは国内と海外では仕事に取り組む考え方、やり方が極端に違います。日本の場合サービス業としてお客様の対応も求められ、インストラクションでもキメ細やかなものが求められます。ただのインストラクターコースだけでは役にはたちません。海外で取得されたほとんどの方が日本で就職するのに苦労しています。

マレアの指導スタッフとして活躍

いくつかあるダイビングライセンスの中でマレアがPADIを選んだのは、世界最大のスクーバ・ダイビング教育機関であり、世界180カ国でPADIのライセンスはそのまま通用するからです。海はつながっています。PADIのライセンスがあれば、基本的に世界のあらゆる地で仕事ができることになります。日本におけるマーケットも70%以上がPADIで、400店舗を越えるダイブセンターを持っています。インストラクターとして仕事をする上で、日本でもPADIライセンス保持者は有利となります。

卒業生はこんなところで働いています!

都市型就職

東北
アトランティス、スキューバカンパニー・ドルフィン

関東
(株)マレア・クリエイト、野生イルカと泳ぐ会、ココナッツ、ハッピーフェイス、ブルーサブ、アクアズー、てあとろんダイバーズ、キューピッド、エナジーダイビングスクール、デュークス、パパラギダイビングスクール、セイルアウェイ、ダイブファクトリー、シーポイント、ネレウス、パシフィカ、ビーワンダイバーズ、コメックス

東海
ダイブテリーズ、ダイブデポ、ブルーインブルー、探底倶楽部、エリート、シーセブン、ダイビングショップ遊屋

関西・九州
ダイブセンター・レテ、ダイブセンター・イオ、TIC-JK、ブルーシーズン、ダイブバディ、S2クラブ京橋、トライ、ダイビングスクールスパイホップ、ダイブショップコウスケ

リゾート地就職

伊豆半島
はごろもマリンサービス、八幡野ダイビングセンター、マリンスポーツオフィス、ドラゴンレディ、J-Luna、ダイブハウス・オスパー、スプラッシュ、吾人夢ダイビングカンパニー、海風ダイブリゾート、THE101、サンセットリゾート浮島

伊豆諸島
八丈島ピーズクラブ、パームビーチ、大島バーディ、パパスダイビングスタジオ、フィシュアイ、小笠原エスコート

沖縄
マリンハウス・シーサー、アオカワダイビングサービス、ダイブゴビーズ、アースマン・スポーツクラブ、プリシア与論、JALプライベートリゾートオクマ、石垣島アイランドクラブ、ウォーターランデブー、(株)MMC、万座ビーチホテル、(株)沖縄残波岬ロイヤルホテル、シーマンズクラブリゾートホテル、イナーナマリンサービス、ダイビングサービスヴォーチェ、ブルートライ、トムソーヤ、ダイビングサービスうなりざき、あまみらびっと、(株)ノエビア海洋センター、トップマリン残波、マーリンプロダクト、オンザビーチルー、セリシャスクラブ、Mrサカナダイビングサービス、シーマックスダイビングクラブ、シーフレンド、シーフォックス、ダイビングサービス大城、ロコマリンサービス、はいむるぶし、オーシャントリップ、与那国ダイビングサービスマリーン、美南海マリンサービス、マリンクラブベリー、マリンドリーム(夢塾)、ピンクマーリンクラブ、喜瀬マリンサービス、ルネッサンスリゾート沖縄、宮古島東急リゾート、ダイブキッズ、セントラルマリン、サンアイランド、マリンサービス宮古、グッドフェローズクラブ、シーマーダイビングサービス、シーワールド、バタフライ、パラダイス倶楽部、さうすぽいんと、オーシャントリップ、キャッツインケラマ、ゲルマインターナショナル、阿嘉島マリンサービス、カヌチャベイリゾート、B&Bカビラ、アクアフィート、コーラルカーム、トップマリン残波

その他
佐渡フリーウェイ、白崎海洋公園、クラブノア隠岐、大月ダイビングサービス、クラブノアすさみ、あまみらびっと、柏島ダイビングサービス・パラディ

海外就職

DIVE&DIVE(バリ)、コーラルダイブ(サイパン)、オアシス(パラオ)、PCダイバーズ(セブ)、エル・アクアリオ・ダイバーズ(セブ)、サムイダイビングサービス(タイ)

その他

国富(株)市川マリンセンター、コナミスポーツ(株)、セントラルスポーツ(株)、MIC、(株)マレスジャパン、学校法人三幸学園、エンジョイスポーツクラブ、

選ばれる10のポイント

TOP
 > マレアダイビングカレッジについて
 > 選ばれる10のポイント

ダイビングを仕事にする10のポイント

本格的なダイビングを目指す方へ
「本格的な趣味として」「将来の仕事として」ダイビングのプロを目指すなら、総合力と信頼感があって、将来のことも考えてスクール選ぶべきですね。マレアダイビングカレッジが安心、安全、快適な理由はいくつもあります。ここでは代表的な10の特色をご紹介します。

1.業界ダントツのインストラクター養成実績

インストラクター養成実績 2460名 (2012年度までの実績)

この実績がマレアの信頼の証です。
インストラクター養成でトップクラスのこの実績は、どのコースを受講しても安心・安全・快適なダイビングライフになるということです。

過去の実績を含めてインストラクター輩出数は日本国内第1位です。

インストラクター養成実績
2005年度まで………………… 約1580名
2006年度 …………………………… 87名
2007年度 …………………………… 96名
2008年度 ………………………… 103名
2009年度…………………………… 213名
2010年度…………………………… 169名
2011年度…………………………… 127名
2012年度…………………………… 83名

2.マレア全店、信頼のPADIゴールドカード発行

マレアは全店、正式にPADIより認定されているダイビングスクールです。PADIコースディレクターが6名在籍し、それぞれの実績と設備によってPADIより高い評価を受けています。PADIショップに認定にはランクがあり、マレアはその中でも高いランク店として認められています。

PADIキャリアディベロップメントセンター

マレア宮古島店池袋店
PADI5スターID(インストラクター・ディベロップメント)センターとしての機能を持ち、かつ専門的な職業訓練をも行えるショップです。
日本全国で4店舗しかありません。その内2店舗がマレアです。


PADI5スターIDセンター

マレア沖縄店石垣店横浜店
PADI5スター・ダイブセンターの条件を満たしているだけでなく、PADIインストラクターのトレーニングを提供することができます。初心者からプロフェッショナルを含む、全ダイバーの教育システムを提供することができます。


PADI5スターダイブセンター

マレア東京店新宿店栄店
PADIダイブセンターとしての条件を全て満たし、ダイビング教育、器材、体験、環境への自覚の4分野を提供することに関して、とくに優れているダイブセンターです。


3.学校法人三幸学園グループ

マレアダイビングカレッジの母体は、医療・福祉・スポーツ・美容分野で全国に29の専門学校を擁し、医療事務や福祉スクールを全国規模で展開している学校法人三幸学園グループです。専門学校教育事業を中心に成長著しく、確かな歴史と信頼を築き上げたグループだけに、マレアダイビングカレッジは安心です。

4.宮古島にダイビング施設を完備

「マリンロッジ・マレア」、東洋一の美しさを誇る前浜ビーチに建つ、マレアのリゾートダイバーズホテルの名前です。ここは国内最大級のダイビング施設であり、PADIキャリアディベロップメントセンターとして認定されています。施設からダイビングスポットまでが近く自社プールとタンク充填施設があるので、マレアダイビングカレッジ生は昼間のダイビングからナイトダイビングまで無制限ダイビングが可能です。

5.宿泊は3食付でリーズナブル

ダイビング講習で負担となるのが宿泊費です。しかしマレアでは3食付でなおかつ、宿泊はダイバーズホテル生活リゾート気分で宿泊できます。仲間と共に生活することによって、充実した受講期間を過ごすことができます。個室希望の方はオプションで個室への宿泊も可能です。

6.インターンシップで学べます

インストラクターを目指す方、また更にその上を目指していく方にとって必要となるのが、ダイビング回数やプロとしての様々な経験です。マレアダイビングカレッジでは、プロダイバーとしての経験、インストラクターとしての経験を、ダイビングスクールの運営を通して実践で学ぶことができます。詳しくはインターンシップコースをご参照下さい。

7.受講振り替え無料

「受講期間中に何らかの理由で都合が悪くなり、途中で切り上げなければならなくなった。そこまでの受講は無効になるの?」と心配される方がおりますが、マレアなら大丈夫です。
たくさんのコースが開催されていますので、いつでも受講振替が無料です。

8.修了後も無料復習制度で安心

インストラクターコースは、基本的にインストラクター試験日に合わせて受講期間を設定しています。コース修了後にはすぐ試験に臨むことができます。しかし、試験日に都合が悪くなり、試験までに間が空いてしまったなどで、不安がある方は、開催されているインストラクターコースの学科授業を、修了した人に限って、再度無料で受講できる制度があります。

9.ステップアップ講座が充実

ダイビングを極め、とことんやってみようという方は更に上を目指し、ステップアップしていくことをオススメいたします。PADI開催(海外)受験となるもの以外は、全てマレアで資格取得可能です。
マレアにはダイビングを極めようという方に必要な全てが揃ってます。

ステップアップのランク

10.都市型カレッジなら今の仕事を続けながらインストラクターになれる

長期滞在が必要なリゾート地での受講と違い、現在のお仕事を続けながらスクールに通って、インストラクターになることができます。マレアなら都内に3店舗(池袋、新宿、神田)、横浜に1店舗、名古屋に1店舗と通いやすい好立地にありますので、お仕事帰りでも、お気軽に受講頂けることも魅力の1つです。

都市型カレッジについて詳しくはこちら